日本史上最大の経済代表団が中国へ

日本経済代表団が再び中国へ。

昨年230人が、今年250人、史上最大の代表チーム。

日本の経済界は、中国の高水準の経済政策を懸念している。 人口費が上昇するにつれて、日本企業の製造拠点としての中国の魅力は弱まっている。 日本のトップ経済グループは、「今まで中国を工場として、アメリカ向けの商品を製造するというビジネスモデルは、中国の経済政策立案によって変えるかもしれません。もっとふさわしいビジネスモデルを作るために、中国の経済を研究しなければなりません。」と述べた。

 中に